都内在住30代男性 筋トレをスタートしたYさんの催眠術体験談

今日は都内在住 MRをしている30代男性 Yさんの体験談をご紹介したいと思います。
この方は友人の友人なのですが、昨年からジムに通い始めたものの思うような結果が出ずに悩まれている方でした。

そんなところ、友人づてに私のウワサを聞きつけ依頼がやってきました。
この日はお休みということで夕方前から開始しました。

①目標の確認

まずはなりたい理想像、目標をはっきりとさせるため
ジムに通ってどんな風になりたいのか?を考えていただきました。

わかりやすく画像検索でどんな風になりたいか探していただく方が楽で早いので
その方法で理想像の画像を検索してもらうと・・・

オリンピック 柔道で活躍した内柴正人選手がでてきて
これになりたいです!とのこと。

理想とするには申し分ない目標だと思いましたのでこれをスマホにも保存しておくようにお願いしました。

これは催眠術が終わった後日常でも目標意識を明確にしておくためにいつでも見れるようにしておくためで催眠術だけでなくこういった、通常の手法でも有効なものは取り入れてより早くクライアントに結果があらわれるようにと取り組んでいます。

②問題の確認

さて、理想の姿がわかったところで次は問題の確認。

実は私、アメフトチームやジムでのトレーナー経験もあり、現在も自身で筋力トレーニングを続けていて、その昔はそういったスポーツ選手の指導やお客様宅などでダイエットや姿勢改善などの指導をおこなっていました。

その経験から理想の体型になるためには
どのようなトレーニングメニューをどのぐらいの頻度で行い、どのぐらいの期間が必要で、食事の量やタイミングはいつどのぐらいが最適か?

ということも理解しているので、そのあたりの知識をもとにクライアントの問題点を洗い出しその点をも踏まえて催眠術をかけていくことができます。

今回のクライアントの方の問題点は
食事も筋トレメニューの特に大きな問題はないものの、ジムへ通うことに義務感を感じているのと、というところでした。

③催眠術の有用性

このようなケースの場合、トレーナーとしての運動に関する幅広い知識や経験では対応しきれない部分であり、これを解決するには催眠術を使うのがとても効果的なのです。

催眠術ではクライアントの抱える
義務感から解放させ、ジムへ行くことやトレーニングすることが大好きで
自発的に行動を起こしてしまうようなメンタルへ調整することが可能なのです。

④実際に催眠術をかける

そして、問題点や解決法が見えてきたところで実際に催眠術をかけていくのですが、今回のクライアントの方はとても催眠術にかかりやすく、すぐに深い催眠状態へと入っていくことができました。

そして、このクライアントへの暗示としては

「今後ジムや筋トレなどこれらのことを見聞きしたり、思い浮かべたりすると
気分が高揚して楽しくなり、早くジムに行って筋トレがしたくなります。」

という暗示を潜在意識へ入れさせていただきました。

そしてせっかくなので、ほかにも高いところが苦手ということだったのでそれもサクッと恐怖症を克服させ終了。

⑤術後のクライアントの感想

催眠術を受けた後のクライアントの乾燥としては

「なんだか、とてもリラックスができて気持ちよかったです。終わった今も心がすごく軽くなって前向きな気持ちです。ありがとうございました。今後が楽しみですしぜひ、またお願いします。」

ということで、とても大満足頂くことができました。

⑥次回の催眠術セッションでは

次回、このクライアントには
より早く筋力トレの成果が出るような暗示とトレーニングメニューや食事などのアドバイスをさせていただく予定です。

あなたも苦労しないダイエットや筋トレに興味がありましたらぜひぜひ一度、お問合せいただければと思います。